感心しました!

先日スポーツをしているお子さんが疲労を取りにお母さんと一緒にやってきました。
施術をしながらお母さんとお子さんの状況についてお話していてその考え方に感心しました。
それは「怪我をする前の段階でケアをするようにしている」ことです。
まさにその通り!と感心しました。
良い機会なのでケアについて少し書きたいと思います。

どのようなスポーツでも本格的にすればするほど体にとっては負担がかかり疲労が出てきます
そしてその疲労がたまって可動が悪くなっていき、それでも我慢したり無理したりして動かすことによって怪我(特に慢性的な)が起こります。
スポーツ中の人と人がぶつかったりとかいうアクシデントによる怪我は避けようがない場合がありますが、疲労・使い痛みによるものであれば事前に回避することが可能です。
ですが実際にケアをしたいと思ったとしてもケアをするタイミングどこでケアすればよいのかなどわからないということが良くあると思います。
こういった情報不足が一つの原因となっていると思います。
せっかくスポーツの才能があっても怪我で泣いた人たちは数えきれないほどいます。
あの時ケアしておけば・・・という思いを持っている人もたくさんおられると思います。
スポーツを本格的にするのであればケアすることは必須であると考えて頂きたいと思います。
いろいろとケアをしてくれる場所はあると思いますが、私のような整体をしているところも一つの手段と思いますのでご参考にしてください。
スポーツに怪我はつきもの・・・ではありますが怪我を減らす努力はできます。
先ほどのお母さんの「怪我をする前の段階でケアをするようにしている」と考えるご両親が増えることを祈っています。

いつまでも健康でいられるお手伝いをしています webyou


↑応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。