足首の捻挫

50代 女性

なれない場所で段差があることが分からずこけてしまい右足首を捻挫した。
いつも来ていただいている方なので捻挫したその日に電話してこられました

1回目 右足首の外側のくるぶしの下を伸ばしたようにこけてその場所に痛みがある。
来られた時は足に体重をかけられないような状態。
捻挫したときに見られる腫れはまったくなし。
痛みや状態を見ていくと腫れはないが結構きつい捻挫と判断。
痛みのある場所やその周囲を見て痛みのある動作などを確認しながら施術していきます。
無理せず動ける範囲を増やしていって徐々に足首を整えていきます。
立ってもらって痛みの確認をしながらさらに足首を整えていきます。
かなり足首をそろえたがまだ痛みは少し減ったぐらい。
体重も少し掛けられるようになったがまだ痛い。
痛みが残ったままではありますが初日はこれで終了。
明日朝にはさらに痛みが減っているとお話しました。

2回目 翌朝足首の痛みが前日よりも楽になっていた
仕事も歩いて帰ってこれた
長いこと歩くと痛みが出るが少し歩くぐらいなら逆に調子が良いみたい。
昨日よりも痛みがだいぶ減っているが痛みのある方向にはまだあまり曲がらない。
足首を調整していくがまだ痛みのある方向には曲がらない。
さらに痛みの場所を探しながら調整していくとやっと曲がるようになって来た。
あまり深追いせずに2日目終了。
明日の朝にはさらに良くなるので普段の動きはほぼ大丈夫でしょう。

明日もう一度見たらもう大丈夫でしょう!
足首の捻挫で来られる方は近日中(ほとんどの方は3日以内)に旅行などに出かける予定がある、試合など急な場面が多いですね。
何とか旅行にいけるよう、試合に出れるように間に合わせるのに必死です

いつまでも健康でいられるお手伝いをしています 麻田整体


↑応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。